【寝違え.com】〜治療法その@〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
netigae★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。









sponsored link




ここでは寝違えの治療法、またその注意点をご紹介していきます。

寝違えは首や背中の筋肉の炎症が原因です。ですので、まずはこの炎症を抑えるのが必要不可欠です。そこで市販のアイスノンやアイスパックをタオルで包んで患部に押し当てる、または冷湿布を直接貼るなど活用して、とにかく患部を冷却し炎症を抑えましょう。
アイシング処置は寝違えの当日は必ず行いましょう。およそ1週間もすれば炎症は治まり、ほとんどの場合症状も軽くなっているか無くなっているでしょう。

そして寝違えの治療で重要なのが、「患部をむやみに触らない事、動かさない事」です。出来る限り安静にして、動かないよう気を付けたいものです。そうは言っても日常生活を送る中で、首や肩を動かさないで居るのは無理があるかもしれません。ですので、首であればコルセット、肩であればサポーターを使用して固定するのが良いでしょう。

また寝違えで最も多いのが、「マッサージをすること」です。固まっているからほぐそう、という固定概念がある方が多くマッサージをしてしまうケースが非常に多いのです。これには注意が必要で、炎症をしている箇所をマッサージすると血行が良くなり、ますます症状が悪化してしまうということになり兼ねません。絶対にしないよう注意しましょう。


⇒ 治療法そのA


sponsored link



【寝違え.com】TOP

copyright©2012  【寝違え.com】〜首や背中の寝違えの原因や治し方〜  All Rights Reserved